読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船旅

へっぽこ櫻井くんヲタの野望

落ち込んでる場合ではない

 タイトルの通りである。受け入れることはできないが起きてしまったものは仕方がないのだ。降りられないのなら、追いかけるしかない。離れられないのなら、信じるしかないのだ。

レギュラー番組を笑って見ることができるようになった。(今新しい取手づくりのCMが流れて顔がゆるんだことを白状します。)でも、顔を見るとまだ少し悲しい。

こう言ってしまうと語弊があるが、全ては仕事で返してくれる人だと思うから。それが逆らえない偉い人の力が働いたものであったとしても、最終的には本人が受けて世に出した仕事のお知らせだと思うから。素直に喜びたい。そう、私は今猛烈に嬉しいのである!!!!!

 

翔くん主演ドラマ決定おめでとうございます!!!日テレ様、オファーありがとうございます!!!

www.ntv.co.jp

 

4年ぶりだそうです。あの、泣く子も黙る吉本荒野先生からもう4年だって!!!びっくり。最近、○年ぶり、という言葉をよく聞く気がする。待ってたよ。

やっぱり連続ドラマを追いかけるのは楽しい。三か月たっぷり楽しめる。心無い輩からの言葉を投げつけられることもあるけれど、応援しがいがあることは確かだ。誰が何と言おうと、私は櫻井翔の演技が好きだ。上手いか下手かではなく、好きか嫌いかで話をさせてくれる世界があったっていいじゃないか。

つまり、とっても楽しみということ。

 

 

今月の真ん中には、24時間テレビのパーソナリティも決まった。実を言うと泣いてしまった。我儘な話だが、「そうじゃないんだよ」と言いたくなってしまったのだ。翔くんが受けた仕事は全て喜びたいというのが信条だったけれど、正直に言うと嵐から一人だけ、というのがものすごく不安だった。あたりまえだが、仕事ぶりが不安なのではなく、今は5人でいるところが見たかった。でもソロのお仕事なんて今に始まったことではないし、選んでもらえるのは喜ばしい事なのだ。そもそも、演技の仕事だってソロの仕事。でも、それとこれとはまた違う話だと感じてしまった。

結局のところ私の抱えるもやもやはわがままだし、エゴでしかない。翔くんがやるというのだから、私には応援しないなんていう選択肢は存在しない。翔くんが笑顔でやり切った!と言えるように応援する夏にする。そう決めた。

 

今年の夏も盛りだくさんだなァと思っていたら、夏どころの話じゃなかった。秋に鳴海くん、来年には青江教授が待っている。なんという怒涛の流れ。さすがワーカホリック。仕事をしている翔くんのイキイキと輝く目が好きだ。私の心を離してくれない。罪深いなあ櫻井翔

だからタイトルの通り、落ち込んでいる場合ではないのだ。もし、この怒涛の流れを走り抜けてもまだ悲しかったら、それはまたその時考えることにしよう。

今は、翔くんの新しいお仕事のニュースを見て勝手に零れた笑顔が答えだと思うから。

 

f:id:rdsq5:20170425212059j:plain

こんな校長先生の話、永遠に聞いていられるわ。

 

f:id:rdsq5:20170425212126j:plain

f:id:rdsq5:20170425212140j:plain

池上さん(@山田太郎ものがたり)と、はぐ(@ハチクロ)とのラブもあるってよ!!

 

 

 

 

 

As an aside...

翔くんの嵐愛以外に信じる必要があるものってないよなあ、と思った次第です。